クレンジングと洗顔って同じ意味?明確な違いとは?

クレンジングと洗顔って何が違うのか?

 

最近ではクレンジングと洗顔の両方が一緒にできる化粧品も多くあり、その違いがますます分かりにくくなってきています。

 

クレンジングと洗顔といえばスキンケアとしての基本中の基本です。

 

 

その違いについてちょっと確認してみます。

 

 

クレンジングと洗顔の役割は?何が違うの?

 

 

基本的にクレンジングと洗顔は次のように使用用途が違うものです。

 

 

クレンジング

ファンデーションを落とす

 

メイクを落とす

 

毛穴に詰まっている角栓や黒ずみを落とす

 

 

洗顔

肌に不要な皮脂を落とす

 

ホコリなどの顔の汚れを落とす

 

 

 

これがクレンジングと洗顔のそれぞれの役割といえます。

 

 

クレンジングは主に化粧などの油性の汚れを落とすのに対し、洗顔は皮膚の汚れを落とすようなイメージですね。

 

 

基本的にはクレンジングと洗顔のW洗顔が理想なのですが、2回洗うのってやっぱりちょっとめんどくさい…。

 

 

私はクレンジングしかしてないよ!

 

私は洗顔だけでも十分!

 

 

そんな方も多いんじゃないですか?

 

 

たしかにクレンジングだけでも洗い上がりはさっぱりとしているので洗顔なんていらないと感じるかもしれませんが、実際にはクレンジングだけでは不要な皮脂や毛穴に詰まった皮脂などは落とすことができません。

 

 

また薄化粧ですごした日や日焼け止めしか塗っていない日なんかは洗顔だけですますという方もいますが、洗顔だけではどれだけ薄いメイクだとしてもクレンジングをしないと落とせません。

 

 

肌のケアをしっかりとするならやはりクレンジングと洗顔のW洗顔をしてしっかりと汚れを落とす!

 

美肌を意識するならやはりこれが最善なんですね。

 

 

 

洗顔不要のクレンジング化粧品ならW洗顔しなくても大丈夫?

 

毎日が忙しい女性のために洗顔不要のクレンジング化粧品も多く販売されていますよね。

 

 

クタクタで帰宅した後だとどうしてもそういう便利な化粧品に頼りがちになってしまいます。

 

 

でもこれらの化粧品には石油系界面活性剤が使用されていることが多いです。

 

 

界面活性剤というのは油汚れを落とすのに使われている成分で、多くのクレンジングや洗顔料に使用されています。

 

天然の物や石油系の物と種類はありますが、石油系の界面活性剤というのは肌への負担がかなり大きいんですね。

 

 

使うと見た目はキレイになったように感じますが、実は肌へは相当の負担がかかっているんです。

 

 

なので洗顔不要のクレンジングを使い続けてしまうと肌が傷んでくる可能性があり、そのうち肌が乾燥したり肌荒れを引き起こしてしまうことにつながってしまいますのであまりオススメはできません。

 

 

できるなら天然成分の界面活性剤を使用することをオススメします。

 

 

この記事を読んだ方は次の記事もよく読まれています

 

フルリ クリアゲルクレンズの口コミで分かった効果なしって本当!?

 

ファンデーションが落ちにくい?クレンジングとして致命的では?

 

フルリ クリアゲルクレンズを使っても肌の変化を感じることが大事!