ついついやってしまいがち!やりすぎなスキンケアでは逆効果!

 

 

 

肌のトラブルや肌の悩みを解決しようと思って一生懸命スキンケアをしているけど、必要以上にケアをしてしまっている方がいます。

 

これってけっこうやってしまいがちなスキンケアの落とし穴なんですよね。

 

 

何もケアしないよりかは何かしらのケアをした方が当然肌にはいいのですが、限度があります。

 

 

ケアをやりすぎてしまうと逆効果なんてことにも…。

 

 

そんなやりすぎケアをしてしまっている方のパターンをいくつか紹介します。

 

 

クレンジング、洗顔ともにゴシゴシと力強くしてしまっている

 

毛穴の黒ずみが気になるから力強くクレンジングや洗顔をしてしまっている方はかなり多いです。

 

毛穴の黒ずみは毛穴に角栓が溜まっていることが原因ですので、角栓さえ取り除けばいちご鼻も解消!

 

だったら強引にでも毛穴から角栓を取り除いてやる!

 

 

これって肌には逆効果!

 

 

力強く肌をこすってしまうと肌にダメージを与えることになり、ダメージを与えることで皮脂が大量に出てしまうことになります。

 

 

毛穴の黒ずみの原因は確かに角質なんですが、多くが摩擦によって過剰分泌した皮脂がたまることによる角質肥厚なんですね。

 

 

皮脂が過剰分泌しないためにもクレンジングや洗顔は優しくすることがポイントです。

 

 

 

毛穴パックやスクラブ洗顔を繰り返している

 

毛穴パックは毛穴にたまった角質を一気に除去できるので取れた後はスッキリした気分になりますよね。

 

またスクラブ洗顔も毛穴の汚れ、古い角質が取り除けますので、ついつい続けてしまいがち!

 

 

でも毛穴パック、スクラブ洗顔のどちらも一時的に角質が除去できているだけなので、角質が取れたからといってキレイになったとは言い切る事ができません。

 

 

また毛穴パック、スクラブ洗顔とも肌への負担はかなり大きくなり、必要な皮脂までも取り除いてしまうこともあるんですね。

 

肌への負担が大きくなるということはやはり皮脂の過剰分泌にもつながります。

 

どちらも続ければ続けるだけ肌へのダメージが大きくなり、皮脂の過剰分泌につながってしまいます。

 

 

熱いお湯ですすぎをしてしまっている

 

クレンジングや洗顔後にお湯ですすいでいるという方も多いと思います。

 

寒い冬場なんかは特にお湯ですすいでいる方は多いですよね。

 

でもお湯ですすいでしまった場合、必要以上に皮脂、水分を肌から奪ってしまうことにつながります。

 

必要以上の皮脂がお湯で奪われてしまうと肌が乾燥してしまう原因になります。

 

肌が乾燥すると過剰な皮脂分泌が起こり、また肌が乾燥することによってシワの原因にも…。

 

 

すすぎのポイントは水かぬるま湯で30回ほどすすぐのが基本です。

 

すすぎ方も水でゴシゴシするのではなく、顔に水をかけるイメージで行いましょう。

 

 

毛穴が気になるからコンシーラーで埋めてしまっている

 

毛穴を隠すためにコンシーラーで隠している方も中にはいるのではないですか?

 

これをしてしまうと毛穴に詰まってしまったコンシーラーを取り除くのがかなり難しくなるので、逆に毛穴の悩みを大きくしてしまう原因です。

 

毛穴を隠すという考えはなくして、毛穴を改善するという意識を持った方が肌のためにもいいですし、何より隠し続けていると今後もっと毛穴の悩みが大きくなる可能性がありますよ。

 

 

やりすぎケアのまとめ

 

必要以上にスキンケアをしていると肌のトラブルは改善されるどころか逆効果!

 

どんなケアをするにも適度なケアを心がけないとどれだけ頑張ってスキンケアをしていたとしても肌のトラブルは改善されません。

 

 

もしこれらのやりすぎケアをしてしまっているのなら今日からでもスキンケアの意識を変えて、正しいスキンケアを意識するようにしてください。

 

 

肌のトラブルは正しいやり方でケアをすれば多くの悩みが解決できます。

 

間違ったケアを繰り返さないためにも普段のスキンケアを意識して行うようにしてくださいね!

 

 

この記事を読んだ方は次の記事もよく読まれています